冬はヒートショックを防ごう

寒い冬時期は、お風呂に入るのが面倒と感じがちです。特に一番風呂はみんなで譲り合いのような状態になることも多いです。この冬の一番風呂で一番気をつけなければいけないのが、高齢者です。昔から年寄りに一番風呂は良くない!と言われています。暖かいところから寒いところに入ると、急に血圧が高くなり、ショック症状を起こすのがヒートショックです。年間14000人の人がこのヒートショックで亡くなっているのです。浴室での高齢者の事故を防ぐためにも、浴室を寒くしないことが大切なのです。

そこで浴室に、浴室換気乾燥機を設置するといいのです。これは、一台で四役果たしてくれるのです。まずヒートショック対策として、予備暖房機能を使用します。浴室の入浴時のひんやり感を緩和してくれるため、入浴前の浴室を暖めておく機能なのです。入浴前にスイッチを入れておけば、冬の一番風呂でも抵抗なく入れるのです。暖かい浴室が広がることでヒートショックを回避することもできるのです。

逆に夏場は、涼風機能を使えばいいのです。夏の入浴やお風呂掃除の際の暑さ対策として、爽やかな涼風感を得られるのです。浴室を素早く換気してくれるのです。もちろん浴室換気機能もあります。浴室使用後の水滴や湿気を排出し、カビの発生やいやなニオイを防止してくれます。そして、衣類乾燥機能もあります。浴室の遊休時間を利用して、洗濯物を乾かすことができるのです。冬期や梅雨時期など屋外に洗濯物を干せない場合にこの機能を利用するのです。洗濯物に花粉やホコリが付かず清潔に衣類を乾燥できるのです。

浴室換気乾燥機を設置することで、ヒートショック対策だけでなく、様々な有効的な機能があるので、浴室にぜひ設けたいものです。

Tags:

This entry was posted on 木曜日, 8月 4th, 2016 at 2:34 PM and is filed under 住宅. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.