素敵な外構を目指して

家造りの一番最後に行われる外構工事は軽視されがちです。建物ばかりに予算をつぎ込み、外構工事に十分な予算を充てられなかったという人も多いのではないでしょうか。しかし外構工事がきちんと施されていない住宅は、全体の完成度が下がってしまいますし、統一感にも欠けてしまいます。家造りは外構工事までしっかりと行うことでより完成度の高い住宅に仕上がるのです。

玄関の門周りは、門扉、ポスト、表札、インターホンなどいろいろなものが設けられます。デザイン性も機能性も求められるのです。日々行き来する場所でもあるだけに、使いやすさ、そして安全面にもしっかりと配慮して素敵な門周りにしましょう。例えばポストの設置場所です。雨に濡れずに新聞を取りに行けるのが理想的です。また郵便物が取りやすい高さに設置されているかというのも配慮しましょう。

門の幅は、荷物が多い時でも、自転車と一緒に行き来をする時でもスムーズに通れるかということに配慮するといいのです。毎日行き来をする場所であるだけにスムーズさは非常に重要です。車の駐車スペースだけでなく、自転車のスペースもしっかり確保しておきましょう。インターホンには来客者の顔がカメラに写る位置であるかというのも確認が必要です。庭に関しては、侵入者が潜みにくくすることが大切なのです。死角を作るのを避けましょう。

近隣住民の視線や通行人の視線をカットしながらも、適度な見通しの良さは確保しておきましょう。夜に暗くなりがちな駐車場や裏口の勝手口などには人感センサーライトを設置して防犯性を高めておくと安心です。近隣住宅とのデザインの調和にも配慮し、オシャレで機能性に優れた外構を目指しましょう。

Tags:

This entry was posted on 金曜日, 6月 24th, 2016 at 7:44 AM and is filed under 住宅. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.